本を読むと得する

ストレス発散に読書を利用するというのも効果的です

本を読んでいてよかったなと思える事はストレス発散になるという事です。私、欠航日々ストレスが溜まってしまうんですが、本を読むだけでストレス発散になっているんですよ。なぜ本を読むことがストレス発散になるのか、紹介していきますね。

非日常が手軽に経験できるから

ストレス発散に必要なことというのは非日常ですよね。ストレスを感じる環境からの逃避が必要だと思います。ストレスを解消する、ストレスを忘れる、ストレスを受ける環境にあることを忘れる事ができる非日常が大事です。それが本を読めば手軽に手に入ります。本を読んでいると感動する事も多いです。感動しすぎて、感情移入しすぎて泣いてしまう事もあるのですが、ストレス発散に涙を流す事も大事と聞いたことがありますから、涙を流す事はとてもストレス発散になるんです。私は結構感動できる本を読んで涙を流してストレス発散をする事が多いです。

スカッとした本を読むことも

スカッとする本を読むこともありますよ。やっぱり例えばですが悪役が出てくるようなものを正義の味方がやっつける、的な小説や話はスカッとします。スカッとしたらストレスも同時に改称されたりもするものです。長い本だとすぐに手軽にスカッとする事ができないかもしれないので、意外と短い短編集などを選ぶというのも一つの方法だと思います。手軽に短編を読んでスカッとして、日常のストレスを発散する、これがいいと思います。私はだいたいジャンルを決めていてこのストレス発散できるジャンルの本を数冊いつもキープしています。いつもキープしている事出いつでも手軽にストレス発散をする事ができていいですよ。短編集も色々と書店に並んでいるので、その中でいくつかキープして購入しておくのです。いくつか購入しておくことによってストレスが溜まってとにかくどうしようもないときに、用意していたこの本を手軽に読めるようにしたいと思っているのです。