本を読むと得する

さまざまな本の読書法があるけれどリピート?新規?

本を読むことを初めてから、読書法などにも興味を持ち始めました。読書法、色々とあるんですよね。私は1回読んだ本は、もう読まないで新しい本を読みたいタイプなのですが、読書法を見ていると同じ本を何度も読むという人もいるみたいで、どうなんでしょうね。

同じ本でも何度も読むことで

同じ本でも何度も読むことで内容が血肉になるという意見もあるみたいです。1回読んだ事がある本は二度とこれまでは読まないようにしていたのですが、そうではなくて、時間が経ったら忘れますし、前に読んだ内容と違った視点で二回目は読める事もあったりするので、意外と二度目というのもアリなのかなと思い始めています。同じ本を何度も読むという事は最近では普通に思えてきました。まだ私は繰り返し読んだ経験は1回くらいしかなくて、お気に入りの本をもう一度読みたくなって読んだだけなのですが、また繰り返し読むというのもいいかなと思います。

新しい本をとにかく読んで読んで読みまくる

新しい本をとにかく読んで読んで読みまくる、これも達成感があっていいですよね。私は手帳に、読んだ本のタイトルや簡単な感想を書いています。それがちょっとした達成感につながる事もあります。沢山よんだな、とか、話題作も読んだなとか、それがすごく楽しかったりするわけです。手帳にぎっしりタイトルと自分の簡単な感想が書いてあるのを見るとなんだか達成感がとても感じられて好きですね。手帳にずらーっと書いてある、それもまた楽しいですしね。二度目も私の場合は書きますね。とにかく読んだという事実が自分の達成感につながりますから、それを記録するという楽しみもあります。本がもたらしてくれるのは、そういう日常の中の小さな幸せというか、やり遂げたという達成感も一つにあるのかもしれません。私の性格にはそれが合っていて、それも楽しみの一つと感じているのです。