本を読むと得する

本を読むことで相手が求めている事がわかるようになった

本を読むようになってから友達に、センスが良くなったねとか、色々なシーンで気が使えるようになったのではないかと声をかけられる事が増えました。自分では全くそのようなつもりもないのですが、他人から見て変わったようです。

センスが良くなることと本について

本を読むことがなぜセンスが良くなる事につながるのか、それがわからないのですが、センスが良くなることというのは日常生活で磨かれればとてもいいことですよね。という事は、もし今これを読んでいる人の中に、自分のセンスをもう少し上げたいとか、センスアップを考えている人がいるのであれば、本を読むといいのではないでしょうか。センスといっても残念ながらファッションセンスは本を読んでも上がらないかもしれませんが、本を読むことによって得られるセンスというのは、その文章を見て直感で、何を意味しているのかという事を理解するという力の事だと思います。その本を書いている人が何を意図としてその本を書いているのかとか、その人が何を伝えたいと思っているのか、それを知る事が出来たらいいと思いませんか?そのセンスを磨こうと思ったらどうすればいいのか、本をたくさん読むことしかないみたいです。むしろ本を何冊も読んでいればその力が備わってくるみたいです。

日常生活でもセンス力が上がって助かっている

私も日常生活の中で先ほども書きましたがセンスが上がった事によって、うまく言い回しができないことでも、相手が何を自分に伝えようと思っているのか、すぐにわかるようになったので、ニュアンスでも理解する事ができるようになりました。ニュアンスでも自分が伝えたいと思っていることをすぐに理解してもらえたら、相手もすごくうれしいものですよね。だからセンス力が上がったというのは日常生活でとてもメリットになっていると思います。相手が言いたいことをすぐに理解できる力が欲しい人は、本を読むといいでしょう。