本を読むと得する

本を読むようになってから記憶力がよくなった気がする

私は本を読むようになってから自分の中で変わったなという事が色々とありますが、その一つに、記憶力や暗記力が良くなってきたような気がするという事があります。なんとなく本を読む前よりも、記憶力がアップした気がするのです。

本を読む前は意外と忘れていた

本を読み始める前というのは人の名前もなかなか覚えられなかったですし、意外と物忘れも多かったのです。でも本を読み始めてからというのはとても人のことを覚えられるようになったとか、相手と以前どのような会話をしていたのかという事も記憶に残るようになりました。これがなぜ本を読むようになってからできるようになったのかわかりません。もしかするとこれまで使っていなかった脳の部分を遣えるようになったからなのかもしれません。

勧められた本を読んでよかった

友達や知り合いにおすすめの本があれば聞いています。その本を読んだことが会社や取引先の人が偶然目にしていたとか、会社の人との何気ない会話の中で出てきたりして、それで話が盛り上がったという事もあり、そのエピソードが、記憶に残ったのか以後相手と出会ったときでも盛り上がれるようになったという事もあります。コミュニケーションをとる時にとても役に立っているような気がします。

集中できるようになった

短時間ならこれまでも集中する事が出来ていたのですが、長時間となるとなかなか集中力というものがなかったのが現状でした。でも集中できるようになりました。物事に集中できるようになったというのは私にとってはかなり大きいことで、仕事もあと少し集中力があったらなと思っていたので、集中力が継続できるようになってよかったなと思えるようになりました。記憶が薄れていたとしても、記憶の片隅に残っているという事で、それが役に立ったシーンも沢山あります。本を読み始めて記憶力がアップして本当に良かったなととても思います。